河本家住宅

由来と歴史 :

由来と歴史

  • kakei河本家が赤崎に移住するようになったのは、尼子氏の重臣であった河本弥兵衛隆任が、 月山城の落城の際に落ち延びてきてからで、元亀2年(1571)の頃である。その遠祖は佐々木高綱とも伝えられている。なお、『雲陽軍実記』の著者の河本隆政は、隆任と縁戚関係にあった。

  • その後、松江城主の堀尾家の3代忠晴が死去した際(1633年)、嗣子がなかったために絶家となったが、 初代吉晴の孫の菊姫が大庄屋を勤めていた河本家3代目の長兵衛と夫婦となった。 そして2人の男の子を得たので長男の長兵衛に堀尾姓を名乗らせ、次男の甚右衛門に河本家を継がせた。

  • これより先、元和3年(1617年)に江戸の名僧霊厳上人が赤崎村に巡錫して来た時、 2代目長兵衛(助次郎)は上人に寺を建立することを請願し、専称寺を建てた。

  • 明暦3年(1657年)に江戸で大火事が起こった際、鳥取藩の藩邸が焼けてしまったため、藩では堀尾長兵衛に材木の調達を命じた。 長兵衛は和泉国堺から大型の船を購入してその任に当たったが、甚右衛門も兄の長兵衛の仕事を手伝った。 この時に港が大幅に改修され、「菊港」と呼ばれるようになり、今もその名で呼ばれている。

  • 河本家が赤崎村から今の篦津に移住したのは5代目の弥三右衛門の時で、寛文年間(1670年頃)のことである。 以来、大庄屋などの公儀を勤め、田畑を開き、豪農としての地歩を築いて来た。この間、代々大庄屋を勤めている。

  • 幕末になって海岸警備が厳重となり、赤崎にも砲台が備えられると、その取締役を命じられた12代目の伝九郎は 自ら砲術の習得に努めるとともに、尊皇運動にも力を注いだ。 鳥取藩主の池田慶徳は地方巡視の際に河本家に立ち寄って休息している。
 

カテゴリ別記事一覧