河本家住宅

稽古有文館講座

「稽古」は『書経』尭典偏に「曰稽古帝尭」(ここにいにしえの帝尭をかんがふ)に基づき、「いにしえの道を考える。」と言う意味です。

「有文」は古典の書物をさしています。 

河本家では「稽古有文」が必要と考え「古の書物を学ぶ」ことを重んじ、表の間には、「稽古有文館」を扁額にもあらわし掲げています。

学びに関する講座は「稽古有文館講座」と名称して各講座が続いています。


一品紹介 :

平成30年10月 一品紹介

・アザレアとガク之図「手箱」自入作 

・15代夫人のお嫁入りに持参の手箱。表「アザレア」内「紫陽花」昭和15年ニューヨーク万博博覧会出品作品。横越自入作 

・7回忌法要に寄せて久々に取り出す
平成30年10月 一品紹介

続きを読む

お庭の花 :

平成30年9月お花

平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花 平成30年9月お花平成30年9月お花平成30年9月お花
風景 :

平成30年9月高塚切り絵展

平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展 平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展平成30年9月高塚切り絵展
スライドショウはこちらから→http://kawamotoke.com/imgs/20180607bbRkPXCY/?d=2018%2F11

カテゴリ別記事一覧