河本家住宅

稽古有文館講座

「稽古」は『書経』尭典偏に「曰稽古帝尭」(ここにいにしえの帝尭をかんがふ)に基づき、「いにしえの道を考える。」と言う意味です。

「有文」は古典の書物をさしています。 

河本家では「稽古有文」が必要と考え「古の書物を学ぶ」ことを重んじ、表の間には、「稽古有文館」を扁額にもあらわし掲げています。

学びに関する講座は「稽古有文館講座」と名称して各講座が続いています。


由来と歴史 :

由来と歴史

  • kakei河本家が赤崎に移住するようになったのは、尼子氏の重臣であった河本弥兵衛隆任が、 月山城の落城の際に落ち延びてきてからで、元亀2年(1571)の頃である。その遠祖は佐々木高綱とも伝えられている。なお、『雲陽軍実記』の著者の河本隆政は、隆任と縁戚関係にあった。

  • その後、松江城主の堀尾家の3代忠晴が死去した際(1633年)、嗣子がなかったために絶家となったが、 初代吉晴の孫の菊姫が大庄屋を勤めていた河本家3代目の長兵衛と夫婦となった。 そして2人の男の子を得たので長男の長兵衛に堀尾姓を名乗らせ、次男の甚右衛門に河本家を継がせた。

  • これより先、元和3年(1617年)に江戸の名僧霊厳上人が赤崎村に巡錫して来た時、 2代目長兵衛(助次郎)は上人に寺を建立することを請願し、専称寺を建てた。

  • 明暦3年(1657年)に江戸で大火事が起こった際、鳥取藩の藩邸が焼けてしまったため、藩では堀尾長兵衛に材木の調達を命じた。 長兵衛は和泉国堺から大型の船を購入してその任に当たったが、甚右衛門も兄の長兵衛の仕事を手伝った。 この時に港が大幅に改修され、「菊港」と呼ばれるようになり、今もその名で呼ばれている。

  • 河本家が赤崎村から今の篦津に移住したのは5代目の弥三右衛門の時で、寛文年間(1670年頃)のことである。 以来、大庄屋などの公儀を勤め、田畑を開き、豪農としての地歩を築いて来た。この間、代々大庄屋を勤めている。

  • 幕末になって海岸警備が厳重となり、赤崎にも砲台が備えられると、その取締役を命じられた12代目の伝九郎は 自ら砲術の習得に努めるとともに、尊皇運動にも力を注いだ。 鳥取藩主の池田慶徳は地方巡視の際に河本家に立ち寄って休息している。
 

住宅の特色 :

住宅の特色

  • 河本家住宅は、昭和53年度の屋根葺替え際に、 棟札の調査で享受5年(1688年)の建築と分かった。 当時の当主は5代目の弥三右衛門で、篦津に移ってきてから約20年後のことである。

  • 現在は変形6間取りとなっているが、もとは広間型5間取りであったと思われる。 屋根は茅葺きで箱棟が乗っており、小屋組みは合掌作りである。 また、炊事場の篭の上を壁土で覆った煙返しは、防火施設として珍しいものである。

  • 昭和49年鳥取県有形保護文化財、平成10年鳥取県建物百選、平成22年国指定重要文化財の指定を受けた。

  • 国指定重要文化財の指定物件と概要正面

<指定物件>
・主屋 1棟
・離れ 1棟
・味噌蔵及び米蔵 1棟
・新蔵 1棟
・土蔵 1棟
・附(つけたり)
・門及び納屋、米蔵、大工小屋 各1棟
・家相図 1枚
・宅地、畑及び池沼 6,325.47㎡

※ 附(つけたり)とは、年代、状態などからそれだけでは指定にあたらない場合でも、指定文化財と一体であることによって、価値が生じるものを附けたりとして指定されます。

<概 要>
・河本家住宅は、日本海沿岸の旧伯耆往来沿いに位置する。

・当家は、昭和53年の主屋の屋根葺き替えが行われた際に棟札がみつかり、貞享5年(1688年)に五代目の弥三右衛門(やさえもん)が建てたもので、建築年代の明らかな民家としては山陰地方で最古に属し、大変貴重なものである。

・主屋の周囲には江戸後期に建てられた蔵などの付属建物が建ち並び、豪農の屋敷構えをよく留めており、高い価値が認められることから宅地と建物あわせて指定される。


古文書 :

古文書

  • 河本家では概ね歴代の当主が大庄屋もしくは宋旨庄屋を勤めて来たから、 その居住はさながら八橋郡の役所のようであった。

    したがって多数の古文書が所蔵保管されてきたが、その多くは殆ど未整理のままである。

    これを活用した研究が進めば、東伯耆の江戸時代の地方史が一段と解明されるであろう。















カテゴリ別記事一覧